千葉県香取市 カフェしえと

水無月の室礼

子供の頃、6月は好きではありませんでした。
祝日がないので・・・
そうなんですよ、6月だけはまるまる学校で損した気分でした。
その影響か大人になってもあまり6月は好きになれません。
梅雨でジメジメしていて、洗濯物はたまり部屋には万国旗のようです。
陽気も不安定で暑いのか寒いのか・・・
おかげでクローゼットが洋服ではち切れそうです。
でも、佐原にとって6月は多くのお客様が訪れていただける月です。
華やかなアヤメ祭りが始まり、9日はミスあやめのコンテストが開かれます。
和傘をさしながら町並み散策、雨の佐原もよいものです。
是非、お出かけください。

IMG_8486.jpg
comments (0) | trackbacks (0)

私日和、雑談

気持ちのいい五月晴れが続きますね。
ちょっと皇居までお散歩に。
驚いたことに、皇居の前の内堀通りが自転車専用道路になっていました。
これはとチャンスと思い、レンタサイクルで初めて、内堀通りを自転車で疾走。
風を切りながら走るのはとても気持ちがよく、心のまま自転車ロードをキロ、2往復もしてました。
もちろん、競技用で走っている人もすごいスピードの人もいましたが、
私はママチャリでゆっくりゆっくり走りました。
帰り道に『しまった!明日筋肉痛かも・・・』
気持ちがいいのが優先になり、年齢と体力を忘れていました。
東京にもこんな所があるなんて・・・。
東京の自然を満喫した1日でした。

IMG00409.jpg
comments (0) | trackbacks (0)

皐月の室礼

風薫る5月になりました。
五月晴れの下、佐原の町には鯉のぼりが泳いでいます。

私の実家では、祖母が兜を飾っていました。
それと柏餅です。特に柏の葉の香りのつぶ餡が好きです。
実は、佐原に嫁いでミソ餡なるものを知りました。
当時の飛騨高山にはありませんでした。

忘れていけないのが、菖蒲湯です。
お風呂のふたを開けた途端に菖蒲の香りが・・・
実家のお風呂のふたは木製で、木と菖蒲の香りがひろがり、今思うと懐かしさを感じます。

何年か前に、GWに出かけた東京・港区白金台の覚林寺『清正公大祭』で
勝負のお守をいただきました。
信仰心が強い私ではありませんが、勝負のお守りとしてずっと大事にしています。
菖蒲が中に入っている勝負のお守りです。
毎年清正公大祭の時だけ(5月4日と5日)葉菖蒲が入った“お勝守”と
“出世鯉のぼり”を授与されます。
運の強かった清正公にあやかって、人生の様々な苦悩に打ち勝ち、幸運に恵まれます。
全ての“勝負に勝つ”という意味を持つもので、
菖蒲の茎の一片を法華の経文で包んだもので菖蒲が“尚武”や“勝負”に通じ、
勝負にご利益があると江戸時代から人気の高いお守です。
日本人は語呂合わせが大好きです。私もこの語呂合わせが大好きなのです。

しえとには今年も太閤秀吉が飾ってあります。
とてもいい顔をしています。
今年も菖蒲にあやかって健康に明るく過ごしていきたいです。

IMG_7960.jpg
comments (0) | trackbacks (0)

卯月の室礼

新入学・新社会人の方、おめでとうございます。
昨年は何度も「新入学おめでとうございます」と娘にエールをいただきました。
6年間通った小学校、大好きだった担任の先生、仲間と3月に涙涙の卒業式を終え、
みんなで歌った「世界にひとつだけの花」の合唱は忘れないですね。不安一杯で中学校に入学、
なんとか1年が過ぎ2年生になりました。子供の成長はとても早いものです。

この4月より、新しい学校や初めての職場に行くみなさん、
希望を持ながらも不安と心配の複雑な気持ちでしょう。
でも、そこに輝きがあります。
新しい場所でどうぞ健康に気をつけて頑張ってほしいです。

“カフェしえと”からもこの4月から3人が社会人になります。
私が教えていた生徒も7人が社会人になります。
おめでとうございます。どうか誠実な社会人になって下さい。
私が思う誠実とは、
大人になるということ=人と社会に信用されること=人と社会に必要とされることだと思います。
「がんばれ〜!!」

私が社会人になった時にいつも聴いていた曲は
岡村孝子さんの「夢をあきらめないで」でした。
去年、新しい生活になり娘も新しい学校になる時、後押ししてくれた曲が
ファンモンの「あとひとつ」と、いきものがたりの「歩いていこう」でした。
皆さんの門出の曲はなんですか。

4月の礼室は「レンギョ」です。
花言葉は『希望・かなえられた希望・集中力』です。
枝垂れて枝が地面につくとすぐそこに根付き新しい株を増やして行く。
金色の花を鈴に見立て英名は“ゴールデンベル”です。
希望の門出にとの願いを込めて活けました。

IMG_6832_2.jpg
comments (0) | trackbacks (0)

さくらが咲きました

佐原は桜が咲き、とてもきれいです。

桜は、毎年咲く時期が微妙に違いますが、3月に咲けば“卒業式”、4月に咲けば“入学式”ですよね。

卒業式、桜の下でお別れの淋しさととに、凛とした美しさが心に残ります。

入学式の桜はやはり希望を感じます。
力強く、美しく咲いた満開の桜はこれからの新生活の応援をして暖かく迎えてくれている気がします。

娘の幼稚園の卒園式には桜が満開でとてもきれいで、桜の下でお別れでした。

だから、小学校の入学式には桜はすでに散っていました。
時が立つのは早いもので、去年の小学校の卒業式は
桜が咲いていなかったけど、入学式には桜が満開でした。

本当は卒業式から入学式まで咲いてくれるのでうれしいですが・・・
一雨一雨毎に桜が散って春になっていきます。

私の生まれ育った飛騨高山では、その年によりますが4月の高山祭りから5月にかけて、
梅と桜が一緒に咲きます。なぜかというと梅の咲く頃はまだ飛騨高山では雪景色。

温かい年は高山祭(4月14日・15日)に合わせたように桜が咲きます。
屋台、雪山、桜が一遍に見られそれは素晴らしい景色です。

IMG_4390_2.jpg
comments (0) | trackbacks (0)

みんなのコーヒーブック2

『みんなのコーヒーブック2』(エンターブレイン社 1680円)が、3月16日発売されました。
カフェしえともlesson5“水だしアイスコーヒー”において紹介いただきました。
大変読み易くコーヒー好き、カフェ好きの方々にはとても興味深い内容になっています。
と言うのも、 『みんなのコーヒーブック2』の名前の通り、初本が好評だった為、
シリーズ化されているのです。
また、今回は北欧・デンマーク発!1000回使えるコーヒーフィルター付き!も付いています。
是非、ご一読下さい、お薦めです。
(カフェしえとでも販売しております)

IMG00358.jpg
comments (0) | trackbacks (0)

弥生の室礼

雛祭りは待ちに待った女の子のお祝いの日です。
雛人形を飾って、桃の花と白酒、菱餅、雛あられ・・・
女の子の節句だけあって女の子の好きなピンクとホワイトなど
パステルカラーでたのしいですよね。

子供はわからないなりに雛人形を飾られると喜びます。
雛人形を飾り、部屋の電気を消しぼんぼりに灯りをともすと何ともいえない空間になります?
雛祭りには身を清めると季節の節目を知ることの意味が込められていると言われてます。
まさに、女の子にとって子供にとって大きなイベントなので、
大人の皆さんも一緒に楽しんでみてはいかがですか?

我が家は娘のために毎年お正月飾りが終わって、お雛様を出していました。
小さい時は、娘はもう嬉しくて嬉しくて・・・
雛壇を見てはあの中に入りたいようでお雛様の所に行っては
あの壇の中に入って座っていました。
そんなお雛様も今はさぼって飾っていません・・・
お嫁に行けるのかしら、心配です。
私も小学校の低学年以来飾ってもらってませんが、何とかお嫁に行けましたが・・・。

IMG_4073.jpg
comments (0) | trackbacks (0)

雲竜柳

『1年の始まりは立春から』

立春は冬と春の分かれる節目の日である“節分”の翌日で「寒さがあけて春に入る日」いわば春の初日です。

立春の早朝、禅寺では厄除けのために門に「立春大吉」と買いた紙を貼る習慣があるそうです。この文字は縦書きすると左右対称になり1年間災難にあわないというおまじないです。また立春以降に初めて吹く南よりの強風を“春一番”と呼びます。

《節分》
今年の節分は2月3日です。立春の前日の日です。立春が正月なのに対して、大晦日の役割を持ち1年の厄払いのために豆まきを行います。
130113_140748.jpg
comments (0) | trackbacks (0)

ガレット・デ・ロウ

1月6日は秘かに楽しみにしている行事があります。
ガレット・デ・ロウを公現節に家族で切り分けて食べると、幸福が1年継続すると言われています。我家ではガレット・デ・ロワを家族で頂きます。幸運の象徴である王冠はいつも私以外の手に・・・残念です。

ガレット・デ・ロワのお話
フランスでは、クリスマスの時期からパン屋さんやケーキ屋さんに並び始めるガレット・デ・ロワ。家族や職場の仲間や友人たちで切り分け食べながら、キリストのエピファニー(公現)を祝う、新年には欠かせない伝統のお菓子です。この習慣は、中世の時代から始まったとされています。パイの上に施された柄も伝統です。太陽は生命力、オリーブの葉は勝利や幸福、麦の穂は栄光や幸福などそれぞれ意味があります。また、地域によって異なって伝わっています。南フランス伝統のガレット・デ・ロワは、この地域名産のドライフルーツをいっぱい入れたブリオッシュタイプで王冠を模ったリングの形に焼き上げます。
誰もが好きな素朴なおいしさはもちろんのこと、『たった一粒仕込まれたフェーヴが誰に当たるか?当たったら王様!』という楽しいイベント性も人気です。
この頃は、日本のパン屋さんやケーキ屋さんでも、おいしそうなガレット・デ・ロワを見かけるようになりました。

フェーヴについてのお話
ガレット・デ・ロワの楽しみの一つは、こっそりと仕込まれるフェーヴ。これはもともと乾燥させたソラマメでした。1874年に、あるパリのお菓子屋さんが、ドイツのマイセンで作られた小さな磁器の人形をソラマメの代わりに入れたところ大好評。以来、フランス文化を表したものや、キリスト教に関わるもの、お店のロゴ入りのもの、人気キャラクターのシリーズなど様々なフェーヴが登場します。細やかな細工のものや、毎年現定数を定めて販売されるフェーヴも多いため、今や世界的に熱烈なコレクターがつく沸騰ぶりをみせるほどとはっています。

カフェしえとのお休みのお知らせです。
1月8日(火)〜9日(水)と1月15日(火)〜16日(水)は勝手ながら連休させていただきます。ご迷惑をおかけいたしますが、宜しくお願い申し上げます。
comments (0) | trackbacks (0)

新年明けましておめでとうございます

新年明けましておめでとうございます。幸せあふれる1年になりますように。
今年もどうぞ宜しくお願い致します。
今年は巳年です。巳年は十二支の6番目です。ヘビは金運・財運・子宝成就・安産の神としても知られています。経済がよくなるといいですね。

佐原が舞台になっているCMが流れています。ご存じでしたか?
三幸製菓のおつかいチャレンジシリーズの日本の男の子と外国の女の子と、docomoの堀北真希さんが出ているのです。

香取神宮の初詣のお帰りの時にでロケ場所を探してみたらいかがでしょうか。
IMG003388.jpg
comments (0) | trackbacks (0)
1/26 >>