千葉県香取市 カフェしえと

<< 新年明けましておめでとうございます | main | 雲竜柳 >>

ガレット・デ・ロウ

1月6日は秘かに楽しみにしている行事があります。
ガレット・デ・ロウを公現節に家族で切り分けて食べると、幸福が1年継続すると言われています。我家ではガレット・デ・ロワを家族で頂きます。幸運の象徴である王冠はいつも私以外の手に・・・残念です。

ガレット・デ・ロワのお話
フランスでは、クリスマスの時期からパン屋さんやケーキ屋さんに並び始めるガレット・デ・ロワ。家族や職場の仲間や友人たちで切り分け食べながら、キリストのエピファニー(公現)を祝う、新年には欠かせない伝統のお菓子です。この習慣は、中世の時代から始まったとされています。パイの上に施された柄も伝統です。太陽は生命力、オリーブの葉は勝利や幸福、麦の穂は栄光や幸福などそれぞれ意味があります。また、地域によって異なって伝わっています。南フランス伝統のガレット・デ・ロワは、この地域名産のドライフルーツをいっぱい入れたブリオッシュタイプで王冠を模ったリングの形に焼き上げます。
誰もが好きな素朴なおいしさはもちろんのこと、『たった一粒仕込まれたフェーヴが誰に当たるか?当たったら王様!』という楽しいイベント性も人気です。
この頃は、日本のパン屋さんやケーキ屋さんでも、おいしそうなガレット・デ・ロワを見かけるようになりました。

フェーヴについてのお話
ガレット・デ・ロワの楽しみの一つは、こっそりと仕込まれるフェーヴ。これはもともと乾燥させたソラマメでした。1874年に、あるパリのお菓子屋さんが、ドイツのマイセンで作られた小さな磁器の人形をソラマメの代わりに入れたところ大好評。以来、フランス文化を表したものや、キリスト教に関わるもの、お店のロゴ入りのもの、人気キャラクターのシリーズなど様々なフェーヴが登場します。細やかな細工のものや、毎年現定数を定めて販売されるフェーヴも多いため、今や世界的に熱烈なコレクターがつく沸騰ぶりをみせるほどとはっています。

カフェしえとのお休みのお知らせです。
1月8日(火)〜9日(水)と1月15日(火)〜16日(水)は勝手ながら連休させていただきます。ご迷惑をおかけいたしますが、宜しくお願い申し上げます。
comments (0) | trackbacks (0)

コメント

コメントフォーム

トラックバック