千葉県香取市 カフェしえと

<< 卯月の室礼 | main | 私日和、雑談 >>

皐月の室礼

風薫る5月になりました。
五月晴れの下、佐原の町には鯉のぼりが泳いでいます。

私の実家では、祖母が兜を飾っていました。
それと柏餅です。特に柏の葉の香りのつぶ餡が好きです。
実は、佐原に嫁いでミソ餡なるものを知りました。
当時の飛騨高山にはありませんでした。

忘れていけないのが、菖蒲湯です。
お風呂のふたを開けた途端に菖蒲の香りが・・・
実家のお風呂のふたは木製で、木と菖蒲の香りがひろがり、今思うと懐かしさを感じます。

何年か前に、GWに出かけた東京・港区白金台の覚林寺『清正公大祭』で
勝負のお守をいただきました。
信仰心が強い私ではありませんが、勝負のお守りとしてずっと大事にしています。
菖蒲が中に入っている勝負のお守りです。
毎年清正公大祭の時だけ(5月4日と5日)葉菖蒲が入った“お勝守”と
“出世鯉のぼり”を授与されます。
運の強かった清正公にあやかって、人生の様々な苦悩に打ち勝ち、幸運に恵まれます。
全ての“勝負に勝つ”という意味を持つもので、
菖蒲の茎の一片を法華の経文で包んだもので菖蒲が“尚武”や“勝負”に通じ、
勝負にご利益があると江戸時代から人気の高いお守です。
日本人は語呂合わせが大好きです。私もこの語呂合わせが大好きなのです。

しえとには今年も太閤秀吉が飾ってあります。
とてもいい顔をしています。
今年も菖蒲にあやかって健康に明るく過ごしていきたいです。

IMG_7960.jpg
comments (0) | trackbacks (0)

コメント

コメントフォーム

トラックバック